塾長ブログ For Children's Future 未来のために

一日合宿

 8月の最終土曜日&日曜日(29・30日)で恒例の一日合宿(一日練習会)を行いました。

 例年は7月に行っていた合宿ですが、今年は8月末に延期。

 感染防止のために、お昼ご飯を食べての集合&距離を保っての配置となりました。

 そのため、時間も人数もいつもよりはコンパクトになってしまいましたが、それでも一日6時間半、2日にわたって30名の塾生が参加してくれました。

 今回の合宿のテーマは「楽しむ」こと。

 いつもとは違うメンバーと、いつもとは違う練習をすることで、こんな時期だからこそ「そろばんの楽しさ・奥深さ」を感じてほしいという思いを込めてのテーマとなりました。

 「中には今までで一番楽しかった」という声も。

 2日間にわたって、中身のある取り組みができたと思います。

 

 参加者の感想やスナップ写真については、10月号の塾だよりと共にお配りする予定です。

 皆がどんな感想を持ってくれたのか、参加した子はもちろん、今回は参加できなかった子もぜひ読んでみてください(*^_^*)

 

 次の一日合宿は12月末を予定しています。

 

 

 【石川塾ホームページ】 

| 真16先生 | 教室通信 | 13:35 | comments(0) | - | pookmark |
オンライン授業

「そろばん」って道具を使う習い事です。ある意味では直接身体を動かすわけです。だからピアノなどと一緒で間接指導が難しい。また、学年ごとに学習内容が区切られているわけではなく、実力や進度が異なる中での一斉授業が難しい。さらに、「暗算学習」では頭の中を見極める指導が必要となります。よって、学習する単元ごとに一斉授業ができる学習塾とは異なり、本来的にはネットによる授業には向いてはいません。まして、当教室のようにひとり一人とコミュニケーションを取りながら個人に合わせた指導を行う方法では、対面授業がなおさら肝となります。

 

そんな不安の中で試行錯誤しながら進めてきた『オンライン授業』も開始から1ヶ月が経ちました。

お陰様で、上記の心配はすべて杞憂に終わりました。

 

もちろん、直接教室に来てやり取りできるメリットは計り知れません。しかし、オンラインならではのメリットもまた新たに発見することができました。

 

石川塾のそろばんオンライン授業の特長は「完全個別指導」という点です。

その時間はすべてその子だけのために使うことができます。

それにプラスして、

YouTubeを活用する

各個人のレベルに合わせたオーダーメイドの教材を作成する

7茲泙辰新措阿任離瓠璽詈鷙陲脳霾鵑魘νする

ぅ侫薀奪轡絨纏燦…蟠┣颪離愁侫箸自宅で活用できる

ゥ献礇鵐襪鯡笋錣困棒古未よび保護者の方からの質問を受け付ける

 

「不安」を取り除くためにできる限りの手段を実施してきました。

 

その甲斐あって、たった1ヶ月で一気に実力を引き上げることができた子が続々出てきています。

「暗算7級レベル(1桁の暗算)から一気に3級(2桁6口の暗算)ができるようになった」「サーキットの得点が30点以上伸びた」「4桁×3桁が暗算でできるようになった」「合格点が取れなかった日商1級で種目満点が取れた」などはその一例ですが、それぞれの課題をクリアすることで、技術面だけでなく気持ちの変化も現れているようです。

 

自粛生活という不自由な環境にありながら、「ピンチをチャンスに」変えることができた逞しさは大きな経験となることでしょう。

 

オンライン授業に絶対不可欠な大きな要素があります。

それは、保護者の方の応援(協力)です。

 

Zoomをつなげるのも、送った教材をプリントするのも、状況を報告してくれるのも、あらゆる場面で保護者の方の協力が必要になります。そうでないと、授業(指導)そのものが成り立ちません。

しっかりサポートしてくださっているご家庭の塾生は例外なく結果が出ています。100%です。

この伸び率は予想以上ですし、ある意味では通常授業よりもすごいくらいです。

それだけ、「親の気持ち」が「子に伝わっている」ということなのだと感じています。

 

お父さんお母さんがこれだけ応援してくれているんだから、私も僕も頑張らなくちゃ

 

意識的にも、無意識的にも子どもたちはそう感じているように思います。

 

かけた努力は裏切りません。

本人が頑張れば頑張るほど、必ず良い結果が出ます。

お父さんお母さんが愛情をもって応援してあげればあげるほど、子どもたちはその期待に喜んで応えようとします。

 

どちらの努力も実を結ぶのです。

 

もちろん、我々教える側にとっても同じことが言えます。

 

お父さんお母さんが一生懸命応援してくれることは嬉しくて仕方ありません。

そして、その応援を受けてどんどん上手になっていく子どもたちに接することは楽しくてしかたありません。

正直なところ、オンライン授業はものすごい大変です。

ですが、その楽しさや嬉しさがそれをあっさり吹き飛ばしてしまいます。

 

人間、どんな時も歩みを止めず進化していきたいものです。

不安も考え方や行動次第で喜びや楽しさに変えることができる。そんな風に実感できた1ヶ月でした。

 

【石川塾ホームページ】

| 真16先生 | 教室通信 | 05:54 | comments(0) | - | pookmark |
2020新学期!

皆さんいかがおすごしでしょうか。

当教室においては明日4月6日(月)より、通常授業を行います。

 

学校のお休みはまだ続きますがそろばんは明日からが新学期です。

いつもとは違う春休み。いつもとは違う新学期。

様々な思いがあると思います。もっと思いきり遊びたかっただろうし、色んな所にも行きたかっただろうし、いいかげん学校にも行きたいし、もっとちゃんとした環境で勉強もしたい!新学期のドキドキや不安も味わいたい。コロナに対するこわさもあると思います。

 

すべての気持ちを包み込んで、明日から気持ちを新たに次の一歩を踏み出しましょう。

取り巻く環境は変わっても、自分のやるべきことに変わりはありません。大変な時だからこそ、この時に「何ができるか」、「何をするか」が大切です。

 

今ある環境の中で、楽しいことを見つけていきましょう♪

今ある環境の中で、頑張れるものを見つけていきましょう♪

 

そうすればきっと元通りの生活に戻れた時に何倍にもパワーアップした自分になっているはずです。

さあ、新学期。君たち一人一人を応援していきます!(^^)!

 

そろばんルーム石川塾

| 真16先生 | - | 20:49 | comments(0) | - | pookmark |
ピンチはチャンス!

 新型コロナウィルスが世間を脅かしています。国内にとどまらず、世界中で緊急事態として様々な対策が実施され、人々はおそらく人類史上に刻まれる歴史的渦中で不安やストレスを抱えています。そしてそれは、1ヵ月前に「塾だより」を発行した時から比べて急加速で進行しています。

 わが塾生や保護者の方もその例外ではありません。例えば、卒業を迎えた子にとっては、残り少ない貴重な期間、成長の時間を共にしてきたかけがえのない友人達とぱったり会えなくなったり、お父さんお母さんが来られない状態で大切な節目である卒業式を行わなければならなかったり、各自が直面している影響は大きなものから小さなものまで計り知れません。

珠算関係に関するものだけでも、3月に予定されていた「東京都低学年コンクール」「全珠連上級段位検定」「All Japan Soroban Championship 2020」など、重要視している行事のすべてが中止ないし延期となりました。参加を予定してくれていた皆様には心苦しく思っています。ですが、どうすることもできないのです。だけど、だからこそ、それじゃ次に「どうすることもできない時にどうするか」が大事になります。

 『ピンチはチャンス』でもあります。今年の卒業生は、きっと一生忘れることができない卒業式を迎えることになるでしょう。普段以上に友達の大切さ、お父さんお母さんへのありがたさ、学校への愛着を実感できるかもしれません。検定や大会に出られなかった子もそうです。今よりもっと上手になって次の機会に備えよう!と思って努力するのと、出場できなかったから気を抜いてしまうのとでは、「その後」に大差が生じます。

 大変な状況は皆が同じです。ですが、その「ピンチ」的な事象をどう先に生かせるか、捉え方によって幸せ度合いは違ってきます

 「ピンチをチャンスに生かせるか」は考え方(視点)の転換によります。そして、転換して発見した新たな視点で実際に行動することで、ピンチはチャンスへと変身します。何をしてもらえるかではなく、何ができるか。

 一つではない正解を求めることができる人になりたいものです。

 

【そろばんルーム石川塾】

| 真16先生 | 雑感記 | 17:38 | comments(0) | - | pookmark |
令和元年度 全関東珠算競技大会

 

 

 令和元年度 第58回 全関東珠算競技大会

 

 

 「小学4年生以下の部」 優勝!!おめでとう

 

 

全関東珠算競技大会優勝

 

 2019年11月10日(日)。天皇陛下の即位のパレードが行われたこの日、全国珠算教育連盟 関東地方連合会主催のそろばんの大会が代々木のオリンピックセンターで開催されました。

 晴天の中、今年も関東各地から60団体を超える珠算教室から計703名の選手が集まりました。

 結果は上記の通り、今年一番の大きな目標としていた令和初の記念すべき大会で優勝を果たすことができました。

 

そろばん関東大会優勝

 

 この他、小学生の部でも団体入賞(三等1席・第8位)することができました。

 

 世の中、努力しても思い通りにいかなかったり、報われない時の方が多いのかもしれません。

 しかし、そこで歩みを止めてしまっては成長はありません。

 今回のように頑張った成果が結果に結びつく瞬間はなかなか訪れるものではありませんが、一歩ずつ前へ進んだからこそ味わえる喜びは歩みを止めずに頑張った者だけが得られるご褒美だと感じます。

 そして、その喜びを知ることができた者はさらに強く、大きく、力を蓄えて困難に向かって行く事ができます。

 

 勝って驕らず、負けて腐らず。

 また、前へ進んでいきましょう!

 

 みんな、おめでとう(*^▽^*)

 

 

| 真16先生 | 検定・大会記録 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
7月実施 全珠連検定試験の結果発表について

塾生ならびに保護者各位

 

 7月実施の第392回の珠算・暗算検定試験の結果発表について。

「塾生専用ページ」において合格者の名前を掲示する予定でおりましたが、ソフトの不具合により、掲示できない状況となっております。

 よって、各自の得点および合否については次回の授業時に教室にて発表致します。結果を楽しみにしてくれている塾生、保護者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 尚、10月以降をめどにホームページのリニューアルを検討しております。

 新ホームページにおいても、「塾生専用ページ」等で合否の発表を行う予定でおります。

 皆様のご理解とご協力をお願い致します。

| 塾長 | 検定・大会記録 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

一番上へ