塾長ブログ For Children's Future 未来のために

平成30年度 全日本通信珠算競技大会

 10月21日(日)にオリンピックセンターで行われました。全珠連が主催する秋の全国大会です。

 選手一同が会場に集まって無差別(年齢に関係なく)で「日本一」を決める全日本珠算選手権大会と比して、

 各都道府県において部門別(小学4年以下・小学・中学・高校・一般)に分かれて行われるのが全日本通信となります。

 

 各部門の全国ベスト100位(中学以上はベスト50)も出されるこの大会の東京都大会が行われました。

 満点競技ではないこの大会の価値は、実力がそのまま得点に反映される点にあります。

 当教室からは6名の選手が出場し、全員が入賞を果たしました!

 

 来年は更に得点を伸ばせるように挑戦を続けていきたいと思います。

| 塾長 | 検定・大会記録 | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
全関東学年別珠算選手権大会

 関東近県の強豪教室が集まるこの大会が今年も9月23日(日)に開催されました。

 

 今年は3年生以下の部と中学生の部で団体を組んで臨みました。

 入賞枠は団体がベスト10(10団体のみ)という狭き門です。

 

 結果は、

 両部門ともに入賞(小3以下は8位・中学は7位)を達成!

 

 何とか最低ラインをクリアできました。

 

 小3の部では参加選手のレベルアップが年々激しく、今年は満点取得者が40名超えて50名に迫る勢いでした。

 

 少しのミスで順位が大きく変わってしまう中で入賞できたことは価値あることだと思います。

 

 しかし、本当の意味での実力アップ(難しい問題に対応できるような力)が必要です。

 

 中学生の部では狙っていた得点が出せず、悔しい7位となってしまいました。

 

 ですが、これもまた実力のうちです。低学年も、高学年もまた来年に向けて励んでいきましょう(*^^*)!

 

| 塾長 | 検定・大会記録 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
暗算十段

 全国珠算教育連盟主催の第381回検定試験(9月実施)において、当教室の川口大輔くん最高位十段(暗算)に合格しましたびっくりマークびっくりマーク

 

 前回検定(7月実施)の千乃さんに続いてなんと、2ヶ月(2回)連続の十段位輩出となりました!!

 十段合格率は段位検定受験者のうち0.5%未満という超難関です。段位が1名いれば優良塾といわれる中で、十段合格者が在籍している教室は全国でもほんの一握りです。その中での連続十段合格は本当に嬉しく誇らしいことですき

 

 今回、合格を手にした大輔くんは現在中学2年生です。受験による1年間のブランク(休塾期間)を経て復帰後、一度は十段をあきらめた時期もありました。その数ヶ月のブランクを経て再び復帰。今回の素晴らしい結果へと繋がりました。

 大輔くんは、都立の中高一貫の名門校に通っています。運動系と文化系の二つの部活をこなし、さらにテストの成績は常に上位をキープしているという奮闘ぶりです。彼のすごさは行動の速さと決断の思いきりの良さです。決めた事には迷いなく進んでいく馬力と決断や行動に際して自らの納得が常にあるという事です。そんな大輔くんをいつも温かく、彼の性格に相応しい応援の仕方で見守り続けてくれたご両親の存在、そして双子の姉の存在もかけがえのない力となったことでしょう。

 合格を伝えた時の少し驚いたような瞬間の後のじんわりした表情の笑顔は彼らしい純粋さが出ていてとても微笑ましく感じましたおかお(幸せ)珠算における次の目標、人生における次のステップは何でしょう。彼のような生徒がいてくれることに喜びと誇りを感じながらこれからも応援していきたいと思います(*^O^*)/

 合格おめでとうおめでとうびっくりマーク

| 真16先生 | 検定・大会記録 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
暗算十段

 全国珠算教育連盟主催の第380回検定試験(7月実施)において、当教室の冨永千乃さん最高位十段(暗算)に合格しましたびっくりマークびっくりマーク

 

 現在、中学2年生の千乃さん。受験による1年間のブランク(休塾期間)を経て復帰後、約1年間でみごとに目標を達成しました。

 超一流校に通学(第一志望に合格)し、勉強も大変な中で、部活も運動部に所属している千乃さん。彼女のすごさの秘密は、静かに燃える闘志と、けっして周りに流されないペースを自分で持っている事です。そして、それを十分に理解して尊重し、応援してくれる保護者(家族)の支えがあるということです。要は、根をはる土壌がしっかりしているのです。

 

 合格を伝えた時の彼女の笑顔はとっても素敵でした★勉強・部活、そしてそろばんという三本の幹をこれからも太く立派にしていってくれることを願います。しっかりと陽の光を当てることができるよう、これからも応援していきたいと思います(*^O^*)/

 合格おめでとうきおかお(幸せ)

 

 

| 塾長 | 検定・大会記録 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京都低学年珠算コンクール

2月26日(日)、法政大学外濠校舎において上記コンクールが行われました。

小学校低学年(3年生以下)しか出場できない大会にも関わらず、毎年の参加者は1000名近くにも昇ります。

これだけ「そろばん」への関心があることは素直に喜ぶべきことです。

 

総合競技だけでなく、読上暗算・読上算、そしてフラッシュ暗算も全員参加で競われます。

本格的な大会とは異なり、得点に応じての各賞が授与されるこの大会。

雰囲気を味わい、興味を持つきっかけになってくれれば大成功です★

 

当教室からは7名のチビッ子が満点賞(総合・読上・読暗すべて満点)を獲得しましたメダル

誇らしげにはにかむ顔、悔し泣きする顔、すべてが良い経験の入り口となってくれることを願いますえへん

 

送迎等、ご協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

 

低学年

↑小学2年生の部の様子

 

| 真16先生 | 検定・大会記録 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クリスマスカップ2016

 2016年のクリスマスカップはまさに、クリスマスイブに行われました

 

今年も北は北海道から、南は沖縄まで全国から729名の選手が浦和に集結。

 

会場となった浦和ロイヤルパインズホテルは熱気に包まれました。

 

全国大会ともなればレベルはとっても高く、この大会での入賞は大きな目標の一つです。

 

今年最後の珠算の全国大会。よい締めくくりができればと誰もが願うところ・・。

 

そんな大会で、今年は「中学生の部」において団体入賞(全国9位)を果たすことができました!

 

クリスマスカップ

 

自己ベストと団体ベストが目標でしたが、これは嬉しいサプライズとなりました電球

 

メンバーは全員が中1、来年に繋がる大会になってくれればと願います。

 

個人参戦した小学生からもどんな変化が見られるか、年明けが楽しみですゆう★

 

それにしても全国ってすごい人たちがたくさん多すぎて、、

 

これじゃサンタさんもびっくりにちがいありませんサンタびっくりマーク

 

クリスマスカップ

 

| 真16先生 | 検定・大会記録 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

一番上へ