塾長ブログ For Children's Future 未来のために

<< 第40回 足立地区珠算競技大会 | main | かけ算九九コンテスト >>
ひっさん大会

 2013年9月8日(日)。茨城県小美玉市に於いて、小川珠算計理塾主催のひっさん(ひっ算)大会が小美玉小川公民館で行われました。
 そろばん教室なのにひっ算!?と思われる方も多いかもしれません。しかし、ただ単にそろばんを使った計算ができるようになるだけでなく、「学校の算数にすぐに役立たせるそろばん活用」を目的として、その手段の一つとしてこのひっ算大会が行われています。

 
 +・−・×・÷の4種目(2年生以下は+−の2種目)を制限時間1分で解いていきます。普通の子であれば10分以上かかって解くような問題を、予選を突破した120名の生徒さん達がスラスラ解いていく姿は圧巻でした。高学年ともなれば、分数の問題や頭をひねらなければ簡単に解くことができない問題もふんだんに含まれています。
 
 
 形式を変えて毎年実施され、今回でなんと40回目を迎えるひっさん大会。一教室の塾内大会としては考えられないほどの規模と完成度を誇る大会。そこに更に伝統の重みが織り込まれる事で、継続する意義の大切さと子供たちに環境を与えることの大切さを肌で感じることができました。
 小沼先生、スタッフの皆さん、そして生徒さん。ありがとうございました
 

ひっさん大会

↓表彰商品も豪華です優勝者には、この他にも持ち回りでカップが授与されます
成績はその日のうちに発表され、全順位が掲示されます。
大会そのもの(上記4種目&フラッシュ暗算)の他にビンゴゲーム抽選会もあり、塾内予選を突破した生徒さんは皆楽しそうでした
ひっさん大会

↓120人の生徒さんを前に、「40年後の自分」という内容で約30分間お話させていただきました。皆さん聞いてくれてありがとう☆
ひっさん大会

 ホームへ

| 真16先生 | 塾長日記 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |










一番上へ