塾長ブログ For Children's Future 未来のために

<< そろばん普及活動 | main | バレンタイン >>
All Japan Soroban Champion Ship 2014
2014年2月16日(日)。東京・浜松町に於いて上記大会が行われました。
初開催となる今大会。北は青森から南は沖縄まで170名の選手が集結し、真剣勝負を繰り広げました。
本大会の特長、それは多岐にわたります。以下に例をあげてみると、、
「種目別競技が総合ポイント制になっていること」・「総合競技の難易度が高く満点を取るのが難しいこと」「暗算に特化した種目別競技が設けられている事」「暗算種目別競技決勝がすべてタッチボタン式で行われたこと」「団体メンバーが各部門の最高得点者3名であること」「進行にパワーポイントを多用し、視覚的に工夫されていること」「アトラクション競技で一般の選手や観客も参加できる場があること」「小学生を対象にした全国大会であったこと」など、枚挙に暇がありません。
オールジャパン
オールジャパン
とにもかくにも、新しい事に挑戦した大会だったのです。競技内容が多い分、進行や表彰のスピードやテンポが肝となり、選手も委員も気の抜けない真剣勝負の大会になったのではないかと思います。
参加選手がこれをきっかけに、もっと上手に、もっと刺激を受けて、もっと可能性を感じてくれたなら、この大会の意義は達せられたと思います。そして、保護者の方をはじめ多くの人に魅力が伝えられたならば。
日本計算技能連盟主催の今大会。企画当初から、携わらせていただいたこともあり、多くの経験とたくさんの感情を味わうことができました。
風車の羽根とその中心。羽根をまとめて支えて下さった先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

来年はもっと、風を受けていこう!冷たい風も温かい風も。強い風も柔らかい風も。どんな風が吹いてもしっかりと回り続けられる風車でいよう。

ホームへ
| 真16先生 | 検定・大会記録 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |










一番上へ