塾長ブログ For Children's Future 未来のために

<< W-face講習会 | main |
東京珠算選手権大会

 7月7日、七夕の日。国立オリンピック記念青少年総合センターにて東京珠算選手権大会(主催:全珠連東京都支部)が行われました。

 大会に参加できる教室は、東京広しといえど限られます一定レベル以上の生徒の実力と出場するための意欲が必要だからです。

 令和初のこの大会、今年は東京中(全珠連所属)から548名38団体)のそろばん学習者が選手として参加し、熱い戦いを繰り広げました。

 

 そんな中で今回の結果は、

 

 【団体総合競技】

 4年生以下の部 《準優勝びっくりマーク

 高校一般の部   《準優勝びっくりマーク

 小学生の部      《第5位》2等

 中学生の部      《第3位》2等

 

 さらに、個人では7名の生徒(小4以下:4名。中学:2名。高校一般:1名)が満点を取り、決勝に進出びっくりマーク

 

 【個人総合競技】は、

 4年生以下の部  《優  勝おめでとう &《準優勝びっくりマーク

 中学生の部       《第3位》&《第4位

 高校一般の部    《第6位

 ※優勝・準優勝以外は2等

 

 という成績をおさめることができました。

 活躍はこれにとどまらず、

 

【種目別競技】においても、4年生以下の部で

 「読上暗算」        《優  勝おめでとう &《準優勝びっくりマーク

 「読上算」           《準優勝びっくりマーク

 「フラッシュ暗算」 《優  勝おめでとう

 

 のタイトルを手にすることができましたおかお(幸せ)

 

 参加した生徒たちはそれぞれの力を発揮して大活躍してくれました!(^^)!

 東京選手権で個人でのタイトルを獲ったのは初です。

 優勝や準優勝はたった「一人」しか手にすることのできない称号です。

 その分、よろこびも大きなものでした。

 

 一方で、何としても優勝したかった小学4年生以下の部の団体での優勝にはあと一歩及びませんでした。

 この悔しさを忘れることなく、11月の全関東に繋げていきたいと思います。

 

 大会当日は、七夕恒例の雨の中でしたが、出場して活躍できた生徒たちには晴れやかな笑顔が広がりました。

 そんな中、思うような結果が残せなかった生徒は心なしか雨模様です。

 

 良い思いも、悔しい思いも味わった1日。

 

「次こそは優勝したい」

 

 七夕の日。見えない星に願いを込めて会場を後にしました★

 

 

| 塾長 | 検定・大会記録 | 03:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |










一番上へ